黒歴史研究所

黒歴史研究所

伝説の大Z級博多ムービー「ちんちろまい」を君は知っているか。

かつて、博多を舞台にした映画「ロッカーズ」が公開されたとき、私は、不安で不安で不安でたまらなかったものです。なぜかというと、われわれ博多人には、「ちんちろまい」という、重いトラウマがあったからなのです…。
黒歴史研究所

トシちゃんとマッチの萌えマンガ「ワン・ノート・サンバ」。書いたのは…竹宮恵子先生だ!

ジャニーズに萌える腐女子のみなさまにおかれましては、彼らをキャラクターにした萌えマンガを描く、なんてことは至極当然のことでございましょう。
黒歴史研究所

東京ラブストーリー・ヒットの影に織田裕二の壮絶な過去があった

この記事では、鈴木保奈美は「赤名リカ」、織田裕二は「織田裕二」と表記します。なぜ一方が役名で一方が役者名なのか…特に説明はしないのですが、読んでるうちに、なんとなくわかってくると存じます。
黒歴史研究所

バブルが終わった日は…1997年11月24日?それ遅すぎない?

そもそも「この日付」がもっと前だったと思ってたんですよね。意外なくらい遅い。自分の実感とはげしくズレがある。 この記事では、当時を知る人たちの証言と、私自身の実感、それにWeb上の情報、書籍の情報など照合し、「バブルが終わった日」に迫りま...
黒歴史研究所

バブルがはじまった日はいつ?暗躍した「ヤクザ」と「山口百恵」。

バブルという巨大な分水嶺。 黒歴史研究所、というテーマで記事を公開したり、下書きをしたりネタ収集をしたりしているうちに、「バブル」と「ネット」が大きな分水嶺になることに気がつきました。
黒歴史研究所

「教師びんびん物語」はトシちゃんが地上げ屋と闘うドラマだった。

この役について田原は自伝に<従来の教師にありがちなイメージとは反対に、ひょうきんで熱血あふれた教師役の僕にプロデューサーは賭けた。結果的に意表をついたその設定は好評を博して>と書く。 (中川右介・著「月9 101のラブストーリー」より)本...
黒歴史研究所

あなたは布施博から現場を守れるか。-共演NGを宣告した大スターとは?-

直感で「トシちゃん?」ただし異論も発端は、2017年5月におこったこの件でございます。 俳優・布施博(58)が27日、テレビ朝日系「土曜あるある晩餐会」に出演。「日本を代表する年下の大スター」と「火曜サスペンス劇場」で共演した際、共演NG...
黒歴史研究所

女の子の一番大切なもの=セックス?山口百恵「蒼い時」の衝撃。

今回は、”カリスマアイドル”の先駆者である、山口百恵について書きます。
黒歴史研究所

【新アルバム発売記念】矢沢永吉に感じる「3つの違和感」

はじめに敬愛する矢沢永吉氏(※当方、「永ちゃん」なんて恐れ多くて呼べないニワカですが、あえて親しみを込めて、この記事では、永ちゃんと呼ばせていただきます)が2019/09/04、ニューアルバム『いつか、その日が来る日まで...』を発売いたし...
黒歴史研究所

証拠映像あり・いただきマンモス!と最初に言ったのは酒井法子…では、ない!

前回記事に続き、今回も西城秀樹さんネタです。