恐怖!ヤクザな母はマッドサイエンティスト!

えー、前回記事でこんなこと書きましたけども。

さしてお金があるわけでもない一般サラリーマンがですね、無理して3人の子どもを有名私立に通わせてたわけなんですよ。まあその甲斐性は立派ですが正直、母が一生けんめい節約とヤクザな高収入パートに勤しんでいたから出来たハナシでですね

「なんだよ、ヤクザな高収入パートって。そんなヤバい仕事してたんかよあんたのおふくろさんは」
「ヤクザイシ」
「は?」
「ヤクザ イシ」
「なんだって?」
「だから、薬剤師

薬学に興味ある若人たちよ、薬剤師の資格は、取っておいた方が良いぞ。まちがいない。かなりの高年齢になっても、かなりの高収入パートができます。

まあ、ヤバいヤクザなお仕事と言えなくもないですよね。クスリをあつかうんですから。冗談抜きでまあ危険を伴う仕事ではあります。

だもんで、母はよく私を新薬の人体実験にですね「ちょっとまてお前今さりげなくトンデモないこと言おうとしなかったか(´・_・`)」


借金600万円を完済するブログ

「お母さん!何なんこの間渡したクスリは!」
「…いきなり電話口で怒鳴りなさんなうっるさい。んでこの間のクスリがなんだって?」
「あのクスリ!ぜんっぜん、カラダに合わなかったから!体調悪くなって、死にそうだったんだから!」
「えーそうなのそんなハズは」
「効能うんぬんじゃなくて、体質に合わなかったんだよ!まったくもう!」
「あーうるさいねーわかったわかったちょっとまちなさいね(ゴソゴソ)はいはい、
このクスリはダメ、と」
「…おい。今、なんかメモしなかったか?(´・_・`)」
「なんのコトですか」
「………」


データとんな(´・_・`)

周りに薬剤師の子どもの知り合いがおりませんもので、「親に人体実験の材料にされる」コレが果たして、薬剤師の子どもあるあるなのかどうかはわかりません。ではこのへんで。

新ブログはじめました! 借金600万円を完済するブログ、よろしくお願いします!