【ノンアダルト】SM体験記!

「……いやさ。さすがに”SM体験記”ってテーマで、ノンアダルトだ!って強弁するの、ムリないスか?(´・_・`)」

 

 

安心してください!履いてますよ!(ドヤ顔)

 

↓ドヤ顔

 

「いや、SMだから、履いてるとか、履いてないとかの問題じゃ…」

今回は旧記事の修正再アップとなります。もともとアダルティなハナシは少ししか書いていなかったですが今回はその部分もカットしてお届けしまーす。


お店の人が前から、私のこと縛りたそうな目で見てたし。その日人が少なくてちょっと盛り上がりにかけるなと思いイベント起こすか、みたいな感じで。
緊縛プレイ、初体験です!(≧∇≦)

上半身を軽く縛られて、無造作に横に転がされて、嗚呼…って、別にここはアダルトブログでもなんでもないんで、アダルティなハナシは無しでごんす。

痛いのは別に平気「いや、平気とかいうから色っぽい展開にならないのでは?(´・_・`)」でもね。上半身緊縛された状態でしばらく横にされてると、体勢的にキツいでござる。
年齢的に、キツいのはツラいでござる。なにせ昭和女子だから。おばさんだから。だから、なにかするたびそのために体勢を変えるたびに「どっこいしょ」って、言うよねー。昭和女子、だから。

しまいにゃ横になってるのキツいからだんだん面倒くさくなり。上半身自由がきかない状態なのにカラダを器用によじり
「…ふんっ!」
と、筋力で起き上がってスタスタそこらへん歩きまわる わけですよ、

そのころにはもうすっかり、縛られてることに退屈になっちゃってるから。お店の人も呆れ顔です(´・_・`)

これがまだ上半身のみの緊縛だからマシだったわけですが、これがもし足首も縛られてたとするときっとこのオンナ、それでも筋力で起き上がって、ぴょんぴょん飛び跳ねて、ぜったい、このオンナこう言うのですよ、、、「キョンシー!(≧∇≦)」
ってね。いい加減にしろ昭和女子。もういいから昭和ギャグ(´・_・`)

 

 

 

でね、ここまでが前置きで、今からが本題です「なんですと!(・_・;」


スポンサーリンク

テーマは
「縛られること=自由を奪われること、なのだろうか?」
という問いです。もう完全に飽きてるので、上半身緊縛されたまま、お店のラウンジでソファに座って談笑してるわけですよ。

んで「ノドかわいたぁー」とかいうけど両手が使えないから、「飲ませてぇー(≧∇≦)」
って、そりゃ言うよねぇー(40代のおばちゃんが甘えた声で

そしたら周りの殿方がホイホイ飛びついてきて、ハイ飲ませてあげるねぇー( ´ ▽ ` )って、ちょっとした女王さま気分ですの。私ねー、普段はそんなにずーずーしー性格じゃないと自分では思ってるんだけど、でも、仕方ないよね?カラダの、自由がきかないんだもの。

周りの人をコキつかうしかないじゃないの。

奇妙なことに、私は、縛られることでかえって、その場で、強い立場になった。不可思議な逆転現象。

自由だけが本当に大切なことかな?縛られることで、逆に強くなることもある。

そんな色気もクソもない、SM初体験でした☆

ブログランキングに参加しています!下の画像をクリックして投票してくださると、きゃっきゃきゃっきゃと喜びます(^_-)-☆
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
あとよかったら「シェアする」もよろしく。レッツ拡散!(≧∀≦)
↓↓↓↓↓