あとで後悔するくらいなら、どうしてその時自分に深く問いかけなかったの?(´・_・`)

※2016年9月29日発表の記事の再アップです。

2016/9/29は忘れられない日になりました。今日私は、大切な人と会うために、女のクラブ新宿店に行きました。

f:id:shmegmeg:20190605215201j:plain:w290
くりこママが見てる( ̄▽ ̄;)たまたまくりこママ誕生祭ということですごい人多かった。

大好きなお姉ちゃんと、ようやく、リアルで会えた。2ショットで写真が撮れた。震えるほどに、うれしかった。
f:id:shmegmeg:20190605215226j:plain:w290

この日のために買った、大胆に背中が空いたメイド服。たくさん人がいるところでこんなかっこうすると、テンション上がります。
ちなみにメイド服の下はこれまたすんごいV字水着を着ていましたが、これがちょうどうまい具合のコーデになって。
f:id:shmegmeg:20190605215325j:plain:w290

賑わいをよそに、私はひたすらすみっこでお姉ちゃんといちゃいちゃしていました。
f:id:shmegmeg:20190605215402j:plain:w290
f:id:shmegmeg:20190605215417j:plain:w290

ちなみに、今回着たメイド服は、こちらの商品になります。本当に、いやらしい背中ですね。みなさんも、ドンキで見かけたら速攻買いましょう。
f:id:shmegmeg:20190605215447j:plain:w290
f:id:shmegmeg:20190605215510j:plain:w290


スポンサーリンク

夜の新宿の街を、お姉ちゃんと二人で歩いた。
二人とも、男モードで。

女の子クラブ新宿店でお姉ちゃんと楽しい時間を過ごしたあと、二人とも女装解除して、駅まで歩いた。

二人とも…特に私は、女装解除してしまえば、ただの小汚いおっさん。

でも。お姉ちゃんは、男モードでも紳士的で優しい雰囲気の人だった。ああ、私は、この人が好きだ。好きだな、と改めて思った。

唐突に思う
「手をつないで歩きたい」。

アタマに浮かんだ一瞬の想念に苦笑した。それも面白いよね、とは思った。夜の新宿、おっさん二人で、手をつないで歩く。駅まで歩いて、最後にチューして別れるの。いいじゃん、そんなのもさ。

まあ冗談としては面白いな。

そう思いつつ私は、お姉ちゃんとあれこれとお話をしながら、ただ駅まで歩いた。

そして「またね」と言ってただ別れた。


あとで後悔するくらいなら、どうしてその時自分に深く問いかけなかったの?

あのときの彼の笑顔が、優しい声が。心の中で、何度でも再生される。あとで後悔するくらいなら、どうしてその時自分に深く問いかけなかったの?今になって心の底から、彼と手をつないで歩きたかった、という思いがこみ上げて苦しい。あとで後悔するくらいなら、どうしてその時自分に深く問いかけなかったの?

冗談としては面白い?あのときの思いは、私の心の芯から沸き上がった真剣な思いだったんだ。男二人で手をつないで歩いてるぞ。ゲイだゲイだ。そう思われるよな。それもいいじゃん、冗談としては。そうやって、自分をごまかしてしまった。ごまかしてることに、自分で気づくこともなく。

あとで後悔するくらいなら、どうしてその時自分に深く問いかけなかったの?今自分が、本当にやるべきことはなにかを。

ブログランキングに参加しています!下の画像をクリックして投票してくださると、きゃっきゃきゃっきゃと喜びます(^_-)-☆
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
あとよかったら「シェアする」もよろしく。レッツ拡散!(≧∀≦)
↓↓↓↓↓