「来たやつが悪い!」と女装したおっちゃんにステージから怒られるキミたちへ

前回記事↓の続きです。

今でいう地下アイドルみたいなことをちょっとだけしてて、営業みたいな感じで今はなきスペースワールドで歌を歌ったことがあります。

私のほかにも何人かの素人…じゃなかった、インディーズアーティスト(笑)が登場するイベントなんですが司会者の人が、なぜかバカ殿さまの格好。

司会者の人も顔見知りですのでイベント前二人で話してて、ステージの前にトイレに行っとこうよ、というハナシになりました。

もちろん私は女装ですがステージ裏の、職員の方もあまり使わない職員用トイレですので気にせず二人なかよく男子トイレに入りました。

用を済ませて洗面所で二人なかよく並んでお手手を洗っていましたら、後ろのドアがバッと開く音がして次の瞬間

「うわあああああああああ!!!!
((((
;゚Д)))))))

そりゃ驚くよねえ。男子トイレのドアを開けたら
女の子とバカ殿
だもんねえ。

↓こんな感じの人とバカ殿さまが男子トイレにいたら誰だって驚く
f:id:shmegmeg:20190605222417j:plain:w290


スポンサーリンク

福岡には数多くのライブハウスがあります。ステージに立ち歌うこと自体はそうハードル高くないですが、その分競争もキビシイのです。歌さえ歌っていればいいワケじゃなくトークでもお客さんを楽しませなければなりません。例えば武田鉄矢さんなんかも、こんな環境でトーク力を磨いていたのです。

ところがやりすぎるとコレが。。。歌よりトークで評価される本末転倒がおこります。

歌はどうでもいいがトークが面白い。とあんまり言われるので一度
トークライブ
やろうかなんて真剣に考えたものです。例えば幕が上がると看板に「平川めぐみ歌謡リサイタル」なんて書いてあります。登場した平川めぐみさん、その看板を見てひとこと「えー、…これ、やりません」。

そんで「来たやつが悪い!」と大書された垂れ幕が。そこから延々と私のトークを聞かされるのです、うんざりするほどね…。

実はこれにも元ネタがありまして、昔、大槻ケンヂさんのソロライブであったのですが、幕が上がるとステージ上にでぇーんとカラオケ機が置いてあるのです。そんで「来たやつが悪い!」と大書された垂れ幕。大槻氏がニタニタ笑いながら「さぁー、次は何を歌おっかなー」とカラオケ機を操作するのをじっと見守る地獄の時間です。

ひどいハナシ(´・_・`)

ブログランキングに参加しています!下の画像をクリックして投票してくださると、きゃっきゃきゃっきゃと喜びます(^_-)-☆
にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
あとよかったら「シェアする」もよろしく。レッツ拡散!(≧∀≦)
↓↓↓↓↓